研究活動 > 研究紹介 > マルチエージェントシステムとは?

マルチエージェントシステムとは?

  • 2010年12月19日 6:28 PM

エージェント

エージェントというと何を思い浮かべますか?プロ野球とか映画とか・・・、人によって思い浮かべるものは様々でしょう。ここでいうエージェントとは、ある動作をしてくれる人のようなものです。ただし本物の人ではなく、自律して動作するという側面を抜き出したモデルです。

エージェントの説明用図

マルチエージェントシステム

マルチエージェントシステムとは、多数のエージェントを用意することで問題の解決を行うシステムのことです。

エージェントが多数存在した場合を考えてみてください。一体どうなるでしょうか?もしかすると、エージェント同士が邪魔をしあうかもしれません。そうではなくて、エージェント同士が協力し合うかもしれません。他のエージェントのことなど気にしないのかもしれません。具体的にどうなるのか予想は難しいですが、エージェントがお互いに作用するということは予想できます。マルチエージェントシステムでは、ある目的を達成させるために、ある動作をするエージェントをうまく相互作用するように配置します。

膨大な数のエージェントの相互作用がどのような結果になるのかを予測するのは困難です。そこで、私たちの研究室では、コンピュータでシミュレーションを行い調べています。

マルチエージェントシステムの説明用

具体的な例

工場

製品を生産している工場もマルチエージェントシステムであるといえます。作業を行う人や機械がエージェントにあたり、それらが多数集まることで生産を行っています。

空間的囚人のジレンマ

ネットワークなど離散空間上に配置された多数のエージェントが囚人のジレンマというゲームを行うモデルです。

自己修復ネットワークモデル

ネットワーク内のノードがそれぞれ修復を行い、ネットワーク内を正常に保とうとするモデルです。

研究活動 > 研究紹介 > マルチエージェントシステムとは?

検索
カレンダー
« 2017 年 6月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
管理者メニュー
言語
us us

ページの上部に戻る